医者

ダイエット外来を受診するにはどうしたらいいのか

治療方法を知る

メジャー

ダイエット外来のある医療機関によって多少細かい治療の流れは異なるのですが、その治療法はほとんど変わりません。ダイエット外来での治療は次の五つは主な治療法です。一つ目は、栄養士の先生の監修のもと行なう食事療法です。過度な食事制限は減量プログラムの継続を困難にします。食事療法ではその人にあった適正カロリーと栄養バランスを治療の中で提示してもらうことです。また、健康的な食事の仕方も教えてくれます。また、過度な運動が原因でダイエットを続けられなかった人もいるかと思います。そうならないように運動療法もあります。この運動療法では無理なく続けられる運動を指導してもらえます。最初は指導してもらった運動法が苦しく感じるかもしれません。ですが、だんだんと身体が動くようになってくると運動が楽しくなっていくことでしょう。また、運動を自主的に続けていくことに対して自信のない人はダイエット外来とスポーツジムが提携しているところも中にはあります。そういったダイエット外来を探すと減量がよりスムーズに行なえます。健康的な食事方法をして体を動かせば体重の減量が可能ですが、治療が終わった後にリバウンドをしてしまったらやってきた苦労も意味をなさなくなります。そうならないように、過食や暴飲暴食をしないように習慣づけるための行動療法も併せて行っていきます。食事療法と運動療法と行動療法を手助けとして、薬物療法を行う場合がほとんどです。薬物療法では、脂肪や過度のエネルギーの吸収や食欲そのものを処方してもらった薬を飲むことで抑えるものです。最後が外科療法ですが、この外科療法は基本的にはダイエット外来では行ないません。なぜなら、ダイエット外来は患者さんの食生活や生活習慣を改善して治療をおこないます。そして治療が終わっても自身の体重を自己管理できるようになってもらうことが目的だからです。なので、ダイエット外来で外科療法を行なうのは糖尿病や肝機能障害などの悪化の防止や進行が予想される場合に限りおこなわれています。

Copyright © 2017 ダイエット外来を受診するにはどうしたらいいのか All Rights Reserved.